歴史が古い信用調査


会社の倒産は、最近よく聞く話です。取引先が突然倒産してしまったら、売掛金の回収や、発注していた商品の回収など、様々な問題が発生します。仮にかしたら、倒産した一般の企業のあおりを受けて、自社までも危なくなってしまう。そんな話を聞き知ったことがあります。そうなる前に、倒産や危機的状況のうわさを耳にしたら、興信所などに頼んで、噂の一般の企業の厄介な事柄を、信用調査と言うものがあると聞きました。

このご時世、相手の一般の企業の情報を知ることは、一般の企業防衛の標準と言えるようです。取引職場の倒産によるあおりを受けないためだけでなく、新規一般の企業との取引を始める際にも、興信所に依頼し、信用調査を行うことは、取りこみ詐欺などから自社を守る為の良い防衛手段と言えます。また、大手データ職場の一般の企業情報は、大手一般の企業の情報は詳細に持っていても、中堅、小一般の企業については頻繁にデータが更新されることはなく、タイムリーに情報を得ることはしにくいようです。小回りが利き、詳細に調べられる興信所の一般の企業調査は、たくさんのニーズに合った調査だと気配ます。

どのような情報が欲しいのか、興信所に信用調査を頼んでみる場合には、調査の目的を明確にする必須があります。また、興信所により、価格の設定が違う場合、得意、不得意が考えられるので、目についた一社に最初から任せるのではなく、数社と連絡を取り比べることが合理的と思われます。

今や、どこの一般の企業でも自己防衛をしている時代です。
古くから付き合いの存在する取引先でも、一寸先はどうなっているのかわかりません。規則的に興信所に信用調査をことで、相手先の経営状態を把握し、取引の調整を行うことは当然の危機管理になってきているのではないかと思います。